10カテゴリー振りくらいに同窓会で再会した友人の心中が寂しくなっているのを見て、自分の髪のことを気になり始めました。
信条は昔のとおりキープされ、組合せがこじゃれて頂けに余計に髪の衰え実態が目についたのを覚えています。

また、当時自分では髪の衰えなんて気に留めていなかったんですが、過去の撮影を見直す機会もあり、「これ、毛減ってる?」と思ったのが育毛を始めたきっかけです。
育毛剤としてわたしはリガ牡を選択しました。「植物人物本家」という広告が最大の理由です。当時松田龍太郎くんや豊川悦二くんなどちょこっと夫臭い性格のモデルがアピールに出席されていたのも魅力のひとつでした。
育毛を始めようと思ったひとときはきっかり旦那育毛が基調でリガ牡以外にも旦那の育毛賜物が目立ち、アンファーの頭皮Dがテレビジョンでバンバンアピールされ始めたひとときでしたが、吉本芸能人が抜擢された賜物は何やら取り扱う気になれませんでした。

リガ牡の感想としてはそれまで使用していた洗顔よりも指とおりがよろしい意思がしましたし、また景色が自己流でした。育毛剤以外に合わせて使うって望ましい、とされたおんなじクリエイターの洗顔・コンディショナーとしていました。

洗顔は日毎、コンディショナーは二日光に一度のペースで使用し、育毛剤はバスゴールに日毎使用していました。
洗顔・コンディショナー・育毛剤のやり方は次のような流れで行いました。

バッチリ泡立てた洗顔で後頭部から洗い流し動き出し、指の腹として心中全体をマッサージすることを心がけました。

コンディショナーも同じく、指の腹としてスカルプに浸透させるイメージでマッサージしてから5食い分ほど見逃しその間にカラダを洗って、最後に洗顔ってコンディショナーがスカルプに残らないようにバッチリすすぎをしました。

髪にモイスチャーが残っているといったばい菌の増大に繋がると聞いていたので、バスゴールに間もなく高熱のドライヤーで手早く髪全体を乾かし、その後に育毛剤を気になっていた頭頂部と生え際中心に塗布、洗顔一緒指の腹として心中全体の血行が良くなるようにマッサージしました。

働きとしては用い始めて3ウィークくらいで生え際、それほどMワードの谷の部分に真新しい毛が生え始めました。もっと常用し続けたところ、生え際一切に産毛が生え、頭頂のつむじも地肌が目立たなくなりました。

計1カテゴリー使用した成果、髪の生えた部分が増えたため元のボウズの面積がかなり小さくなりました。 結果として年齢を重ねてからも髪を繰り返すことができたことが最高嬉しかったです。糖質カットでダイエット